DAIZEN-RS

小売販売支援サイトDAIZEN-RS
セールの企画から販促物の提供、成功事例や各種情報もいち早くお伝えし、売場全体をトータルにプロデュース致します。今直ぐこちらへ。

ニュースフラッシュ

Eco活動の一環として、大善はお客様やメーカー様と共に、返品不可取引を長年に渡り行なってます。
商品を必要なだけ仕入れ販売する姿勢を、取引先様にもご理解頂き、協力して取組んでおります。

ホーム 大善ニュース バレンタイン:女子中高生の9割 女子同士で「友チョコ」本命上回る 「デコチョコ」も人気
バレンタイン:女子中高生の9割 女子同士で「友チョコ」本命上回る 「デコチョコ」も人気 印刷

スーパーやコンビニで販売されている市販のチョコをアレンジしたデコチョコ 
女子中高生の9割以上が2月14日のバレンタインデーで女友達に贈ることが
江崎グリコの調査で分かった。
彼氏への本命チョコや男性への義理チョコよりも、女子同士で贈り合う
「友チョコ」が主流になっているという。

調査は10年11月30日~12月1日、全国の女子中・高・大学生と20代の女性会社員
400人と、小学生の娘を持つ30~40代の母親200人を対象にインターネットで実施。
結果によると、今年のバレンタインデーにチョコをあげる予定の相手は、
「女友達」が71.5%でトップ。
「父親・兄弟」が54.5%、
「母親・姉妹」が37.5%と続き、
「彼氏」の34.3%、
「告白したい男性」の17.8%を上回った。
「女友達」は、前年の70.5%より増え、彼氏のいる人でも48.1%が贈ると
答えている。また、「チョコをあげる予定の総人数」の平均は13人(前年13.9人)で、
「女友達」は10.7人(同11.9人)と贈る人数は微減となった。

 

大善ニュース

お問合せ


[+]
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size